探偵への依頼で掛かる料金の相場や様々な料金形態を紹介

不倫や身元調査、素行調査、結婚調査などなど、探偵への依頼をする場面は人生でそう多くはありません。しかしそこで調べてもらうのは、人生を左右しかねない大切な情報です。だからこそ、料金もそれに見合った適切なものを支払い、しっかりとした情報を得る必要があります。

とはいえ、適切かどうか、相場が分かりにくいのも事実です。依頼によってかかる料金の相場や料金形態、料金の支払いや契約前に確認したいポイントを知って、依頼に備えましょう。

探偵への依頼で掛かる料金相場

探偵業における費用の相場は法律では規定がなく、探偵事務所によって異なります。

時給と動員人数によって大きく変動

費用に差が出る理由の1つが、時給や動員人数です。時給が高い探偵事務所であれば、依頼する際の費用も高くなります。また依頼する内容に応じて必要な人数も変わるため、その分だけ費用が大きく変動します。

探偵はチーム制で動くことが多く、1チーム2~3名で構成されます。その方が、何かあった時に対応がスピーディーに行えるためです。

したがって、時給が高くチームが多いと費用がより高くなります。人数が多く必要な家出調査や結婚前の身元調査も高くなりがちですが、浮気の場合は尾行といった調査員の長時間拘束を伴うため、より費用が高くなりやすい傾向にあります。

1時間当たり2万円ほどが最も多い

調査員2名と仮定した場合は、1時間あたり1.5万円~2.5万円の料金設定が最も多いとされます。つまり、調査員2名で2万円、つまり1人当たり1万円がだいたいの目安になります。ただしこれは人件費単価の相場であり、他にも追加料金や特別料金などをプラスすると、より高くなることがあります。

1人当たり1万円を大幅に上回ったり、その上回る理由が明確なものではなかったりするようなら、注意が必要です。また1チーム単位で費用を提示されることもあるため、1チーム何名なのかを確認しておくことも覚えておきましょう。

確実に証拠を押さえるなら30万円以上は覚悟すべき

不倫のように、明確な証拠が必ずに必要な場合は、30万円以上の出費は覚悟しておきましょう。上記の計算で行くと、1チーム2名の調査員を1日雇うのにかかる費用は2万円×8時間=10万円です。もちろんこれより低いこともありますが、半分の5,000円だったとしても2日で10万円かかります。

確実な証拠を押さえるには、ある程度の時間と期間が必要です。たとえば今日浮気相手と会うと仮定しても、それが外れる場合もあります。1日2時間調査してもらうとしても、それが積もれば100万円はすぐに超えてしまうことだけは理解しておきましょう。

事前情報が少ない場合はパック料金型がおすすめ

不倫かもしれない、と思っても、証拠がなかなかつかめない場合もあります。事前情報が少ない調査は時間が掛かるため、料金がかさみます。調査に時間が掛かりそうな場合は、1時間の料金が安く設定されているパック料金型プランがおすすめです。

これは調査員の稼働時間や経費、書類の作成費用などすべてを一律の料金設定で請け負ってもらうというものです。ただ、どこの探偵事務所でも備えているとは限らないため、このパック料金型の有無で探すのも1つの手でしょう。内容を一律で請け負うため、短期間で調査が終わると損をするリスクもあることはお忘れなく。

探偵社の料金の様々な形態

料金はベースとなる調査料金に、成功報酬と経費の2つがプラスされる形で変動します。

調査料金

簡単に言うと、人件費や延長料やその他諸手当をまとめて表記するのが調査料金です。1時間当たりの料金と調査員数、稼働時間、日数に応じて異なります。特に浮気調査は尾行や相手の張り込みなどをすることが多いため、稼働時間が反映できる料金形態になっていることが良くあります

また尾行の場合は、延長料金がかかることがあります。たとえば3時間の契約を行っていたのに対し、依頼した相手を尾行していた最中であれば「尾行中ですが延長しますか」と確認の連絡をくれることが大半です。ただ事前に連絡がない場合、勝手に延長料金を上乗せされて請求されることがあるため、注意した方が良いでしょう。

成功報酬

調査で成果が挙げられた場合に支払う費用で、すべての調査で発生するわけではありません。たとえば、探してほしい相手の居場所まで確実に見つかったら成功、など明確に成功した基準が分かる調査や、調べる難易度が極端に高い調査に当てはまります。

全体を見てどのくらいの報酬が必要なのか判断し、その上で当面の調査料金である着手金を前金で支払います。そのうえで、成功と認められる成果が上がった場合に、報告書と引き換えに後払いとして成功報酬を支払います。中には、成果が得られない限り着手金ももらわない、完全成功報酬制を用いる探偵事務所もあります。

近年は浮気調査でも成功報酬制を導入する事務所が増えています。確実に証拠が欲しい人にとっては、ありがたいでしょう。しかしその際には、どのようなかたちで成果を認めるか、しっかり話し合い、納得しておく必要があります。

経費

通信費や交通費、宿泊代など、調査のために必要だった出費が経費として請求されます。また報告書を作成する費用が、ここに含まれることもあります。ただし実費と実費以外に分かれており、たとえば交通費やレンタカー代、燃料費など、経費として領収書が出る内容は実費として扱われます。

最終的に経費を別途請求する場所もあるため、その場合は必ずレシートや領収書の添付を依頼しましょう。また実費以外では、車両を使った費用や、報告書を作る費用が挙げられます。ただこれらはもともとの料金に組み込まれていることが多く、ほとんどは独自の規定があり、一概には言えません。

そしてもう1つが、解約料です。たとえば「実は浮気ではなかった」ことや「行方不明の本人が名乗り出た」ことが契約後に判明すれば、解約手続きを行う必要があります。この時にかかる費用は契約料のおよそ8%前後と言われます。契約書に解約手続きが盛り込まれているか、この探偵事務所での料金形態はどうか、きちんと確認しておきましょう。

探偵社への料金支払いにおける注意点

料金の支払いに決まりがない場合、支払いにおける注意点を踏まえたうえで依頼するようにしましょう。

追加報酬が無いか確認

追加報酬の有無は、契約前にしっかり確認しておく事が大切です。中には、普通よりとても安い費用で請け負っていることを売りにしている探偵事務所もあります。契約書に調査人数や機材の内容などが細かく書かれていなければ、きちんと聞きましょう。

探偵事務所を頼る事態になると、ついつい気持ちが焦ってしまいます。しかし契約書をじっくり読んでから契約するか検討しても、決して遅くはありません。気になった点は素直に聞き、相手の反応を見ましょう。探偵が上手く説明できなかったり、契約書に多数の不備があったりしたら、信用度はかなり低いと言えます。

成功報酬制なら成功条件をよく確認

成功報酬制は条件が明確でない場合、勝手に依頼達成にさせられ、費用を請求されるリスクがあります。成功条件の定義自体があいまいな業者には依頼せず、必ず「浮気現場の写真を撮らないと成功とは認めない」「本人が確実に生活している住所を見つける」など、明確な定義を作りましょう。

あいまいなままで依頼をすると、証拠は掴めなくても「浮気の事実はなかった」「本人は存命である」といった成果があったことにされてしまう可能性があります。あいまいな定義は料金の水増しや返金トラブルにも繋がるため、たとえ契約内容がある程度決まっていても、その場で契約しないことも大切です。

料金を安く済ませるより調査の質を重視して選ぶと良い

探偵事務所に依頼する場合、できれば成果を重視しましょう。これまでの成果について過大広告を出している可能性もあるため、一概には言い切れませんが、優良な探偵事務所に依頼することで料金も良心的なものになり、万が一解約する場合もトラブルが起きにくくなります。

また調査の質自体が悪いと、必要な情報が手に入らないかもしれません。きちんとした料金設定で、費用や調査方法についても詳しく説明してくれるような探偵事務所なら安心もできます。万が一トラブルになった場合は、国民生活センターや探偵事務所が加盟する業界団体、あるいは弁護士事務所の力も借りて、できるだけトラブルを効果的に解決しましょう。